更年期障害を解決しましょう|サッパリした気分になれる

女性ホルモンと精神疾患

笑顔の看護師

閉経を迎えた女性にとって、避けては通れない病気の一つが更年期障害です。ホルモンバランスの乱れにより一時的に現れるものではありますが、改善するためには医療機関にかかるとよいでしょう。ホルモン治療を受けることで、日常生活への影響を最低限に留めることが可能です。

More…

女性の体の不調を考える

下を向く女性

更年期障害に悩まされている人がたくさんいます。女性であれば閉経の前後何年かのあたりで様々な不快な症状が出始めるので1人で悩んでいないで病院に相談してみるといいでしょう。病院では薬を使ったりして改善する方向に持っていってくれます。

More…

更年期の症状

男性医師

更年期障害は、人により症状はそれぞれですが、ひどい方は生活ができないほど辛い症状に悩む事になります。治療をしたり、環境を変えたり工夫して健やかに過ごせるように心を落ち着かせましょう。またいろいろと治療方法を試しながら解決していきましょう。

More…

生活習慣は大切です

カウンセリング

いつ頃起こりやすいか」

更年期障害とは、女性の場合、多くの人が閉経を迎える40代〜50代の頃の卵巣機能が衰える更年期に起こります。そして、ホルモンバランスが乱れることが原因で、身体的にも精神的にも起こるいろいろな不調のことを、更年期障害と言います。自律神経失調症の一つです。更年期を迎える年齢は個人差がありますが、一般的に閉経を迎えるのが多いのが50歳位なので、更年期が始まるのは40歳半ばが目安です。ホルモンのバランス以外にもストレスも大きな原因だと言われています。この時期は、子供の独立や親の介護、夫の定年などで、生活のリズムが変わりやすく、精神的なストレスや職場でのストレスもあったりして更年期障害が、引き起こされやすくなります。

個人差が大きいです

更年期障害は、個人差が大きく、更年期を迎えていても全く不調がわからないような人もいれば、普通に日常生活を送るのも困難な人もいます。同じ更年期障害でも、このような違いが出てくるのは、若い頃からの生活習慣が影響を与えていると言われています。若い頃にどのような生活をしていたかで、更年期を楽に乗り越えられる人がいれば、とても苦しい思いをしてやっと乗り越えられるような人も多数いるわけです。身体的な症状には、めまいやほてり、倦怠感や頭痛、多汗やむくみなどがあり、精神的な症状にはイライラしたり不安感が強くなったり、眠れなかったり物忘れがひどくなったりします。治療するためには、まず、病院で受診することが一番です。そして普段の食生活をきちんと見直しましょう。